浄土真宗、親鸞会ってどんな仏教?

浄土真宗は親鸞によって開かれた仏教の一宗派です。その教えは「阿弥陀如来の本願を信じ念仏を称えることで、浄土に生まれる身となって安らかに暮らせる」というものです。

仏とは「悟りを得た人」という意味で、それまでの仏教は修業を積み心を鍛えることで悟りを開くことが目標でした。

しかし、釈迦が入滅してから長い時間が経ち、教えはあっても悟りを開く人はいない時代となってしまいました。そんな世の中で、なんとか救われる道として阿弥陀如来にすがる浄土教の教えが起こってきたのです。

法然が見出した本願念仏の教えを、理論的にまとめ大成したものが浄土真宗なのです。

親鸞会.jpでは親鸞会について詳しく解説しております。

親鸞会ニュース

親鸞会について

略歴:1958年に発足。浄土真宗の宗派の一つ。

設立:元浄土真宗本願寺派僧侶高森顕徹が設立。

本部:富山県射水市。

会員数:約5万人とも約10万人言われている。

目的:親鸞聖人の正しい教えを広めることを唯一の目的としている。

高いレベルの内容をわかりやすく学べる親鸞会

国内にとどまる事なく、世界の人達に教えを知ってほしいという事で、親鸞会ができ、たくさんの人が集まりました。親鸞会では生きる事や死ぬ事についても教えてを受ける事ができます。

レベルが高い話になりますが、親鸞会ではわかりやすく教えてくれるので、話についていけないのではないか、という心配をする必要はないでしょう。

もちろん、一人でコツコツと勉強をするのもいいですが、家族や友達を誘って一緒に、親鸞会で勉強するのもいいですね。また、親鸞会は一部の地域だけでなく、いろんな地域で学ぶ事ができますので、地方都市に暮らす人でも参加できる場合もあるでしょう。

教えを聞いた人の中には感動したという人も多いそうです。

Copyright (C) 2010 Happy Music School All Rights Reserved.