豊胸、脂肪注入

エステなどの美容法と豊胸手術は全く異なります。特に一番大きな違いと言えばリスクを排除する事ができないという点ではないでしょうか。ただきれいになる事だけを考えて受けるのではなくて、もし何かトラブルが起きた場合にどうするかと言う事も具体的に考えておきたいですね。

豊胸手術を受ける前には必ず医師からどんな危険性があるのかという事に関する話があると思います。そのまま受け入れるだけではなくて、どの様にして対処してくれるのかと言う事を医師に確認しましょう。

満足できないのであれば、自分がどの様にしてほしいのかを伝え、それが可能であるかどうか医師に確認しましょう。

難しいのであれば、手術ではない方法を選択する人もいるでしょう。

主婦が利用する豊胸

すでに結婚をしている主婦が豊胸を受けるというケースは少なくありません。主婦でかなり忙しく家事をしたりしている人であれば、豊胸を受けた後にできるだけしっかりと休む事ができる様にするために、豊胸の前に可能な限り家事を済ませておくなどするのもいいでしょう。

豊胸を受けるに当たり、少し前から用意をしておくと、無事に利用できる事もあるでしょう。また、働いている人であれば、豊胸を受けるに当たり、できるだけ休みを取る事ができるタイミングで手術を受けると、負担を減らす事ができるのではないかと思われます。家族に家事をお手伝いしてもらう事ができれば、さらに受けやすいと感じる事もあるでしょう。

美容外科で受ける豊胸施術

美容外科で行われている豊胸施術にはいくつかの種類がありますが、大きなバストを手に入れたいという場合にはシリコンバッグの挿入が向いています。しかし、自然な仕上がりでバストを膨らませたいという場合には、外科手術をしなくても手軽にできる方法も用意されています。

ヒアルロン酸注射は、顔のシワ対策や鼻を高くするなどの治療にも利用されている成分であり、アレルギー反応の心配もなく事前の検査の必要もありません。希望のバストの大きさや形に合わせて注射で注入してもらうだけであり、注射の針孔程度の傷跡になるので安心です。

脂肪注入も可能な豊胸術

胸が小さいという事にコンプレックスを抱えている女性にとって、理想を叶えてくれる豊胸術には近年、脂肪注入の方法も多く取り入れられるようになりました。メスを入れて身体にシリコンバッグを注入するという今までの方法と異なり、大きな傷を残すこともなく、短い時間で施術を済ませることが可能になっているため、身体にとっても負担が少ない施術方法として導入されています。

事前に実施されるカウンセリングでは、不安や悩みを伝えると同時に、どの程度の変化を出したいかという希望も伝えられるため、調整しながら施術が進められることも可能な方法です。

豊胸術なら安全な脂肪注入がおすすめ

マッサージや食生活改善など、バストアップのための努力は涙ぐましいものがありますが、万人に対してはっきりと効果の現れる方法はありません。理由はバストを構成する脂肪細胞です。脂肪細胞が増殖するのは主に成人前。成人後は過食でもしない限り増えませんので、努力の時期を逃すと効果も薄くなるわけです。

美容整形を行えば、誰でも目に見えた効果を得る事ができます。脂肪注入による豊胸術では、ご自身から吸引した脂肪細胞をバストへ注入します。この方法は拒絶反応が起こらず、脂肪の定着率も良いため、現在もっとも安全性の高い技術として支持を得ています。痩身のための脂肪吸引と合わせて施術される方も多いです。

Copyright (C) 2010 Happy Music School All Rights Reserved.更新日-2011年9月26日