美容外科で豊胸手術

美容整形で豊胸すること

自分の体のどこかにコンプレックスを感じている人は多くいるでしょう。そのまま、気になったままで良いのでしょうか。気になりすぎてしまうと、内にこもってしまい本当の自分が表現できなくなってしまう人もいるのです。

女性ならではの悩みに胸のこともあるでしょう。

胸は女性らしさの表れでもありますし、普通は左右で大きさなどは異なるものです。でも本人にしてみたら大きな問題の場合もありますよね。

そう言う悩みを確実に解決したいならば美容整形で豊胸することも手段の一つと考えてもいいでしょう。美容整形は満足できる自分になるためのきっかけにすぎないのです。

豊胸することにより本当に変われるのは自分次第なのです。

精神的な不安を感じる事もある豊胸

メスを使うなど大きな豊胸を受ける際には何かと精神的な不安が付きまとう事もあるかと思われます。豊胸を受ける事に対してかなり怖いと感じている場合には、眠っている間に豊胸を行う事ができる麻酔もある様です。

豊胸手術のみならず麻酔もいくつかある中から自由に選べる事もある様です。気が付いたら豊胸が終了しているというのであれば、安心して手術を受ける事ができるのではないでしょうか。

過度に不安を感じやすいという人は、カウンセリングの時に伝えておくといいかと思われます。また、手術に対する不安が大きすぎるという場合には、手術の方法を選んで、できるだけメスを使わないなど簡単な物を選んでおくといいでしょう。

脂肪注入による豊胸術のメリット

豊胸術といえば、シリコンなどの人工物を乳房に挿入するという方法が一般的ですが、この場合には体形の変化によって、違和感が出て来ることがあり、シリコンは半永久的でも最終的には10年から20年で修正手術をするか取り出すといったことを行わなければなりません。

一方でそれらのデメリットを解消するためのものとして余分な脂肪を吸引して取出しそれを豊胸したい場所に脂肪注入する方法が使われています。この場合には将来的な体形の変化にも対応でき、また脂肪細胞が上手く定着することで自然な豊胸を行うことができるメリットがあります。

豊胸術のひとつ・脂肪注入って何?

豊胸術には色々な方法があるのですが、その中でも特に人気が高いものとして知られているのが「脂肪注入」と呼ばれている方法です。これは名前の通り自分自身の余分な脂肪を取り出して胸に注入する事が出来るという内容の手術で、吸引した脂肪をそのままバストに利用するので見た目や触り心地が自然で周囲に気づかれにくいと言うメリットがあります。

しかも自分の脂肪をそのまま再利用する形になっているので副作用が起きる心配もありませんし、余分な脂肪を再利用する事ができるということでダイエットを検討している女性などからも人気を集めています。

脂肪注入法による豊胸術の特徴

脂肪注入法による豊胸術は、吸引する脂肪量によって、2カップまでのバストサイズアップが期待できます。吸引する部位が増減することで、注入する脂肪量が変動します。さらにバッグ挿入法と違って、豊胸後でも乳がん検診が受診可能です。

自分の脂肪を利用しているので、身体への負担や術後の影響は少なく、異物と認識されにくく後遺症もありません。現在、バッグを入れている方は、バッグを抜いた後でも脂肪注入法でバストアップが可能です。また、ヒアルロン酸注入の影響でしこりがある方も、しこりの除去は難しいですが、その上から新たに脂肪を注入すると、しこりが目立たず、ナチュラルな感触になります。

美容外科の豊胸手術の概要とメリット

美容外科の豊胸手術は、自分自身の脂肪やシリコンバッグを胸に挿入することで、バストアップを図ります。確実にバストアップができる点が大きなメリットであり、即効性があることも利点です。1カップから2カップ程度のサイズアップが可能ですので、貧乳の悩みが解決します。

美容外科の豊胸では、メスを使わずに注射を打つだけのプチ整形もあり、ヒアルロン酸を胸に注射するだけでバストアップができます。ヒアルロン酸注入によるプチ整形は料金が安いことがメリットであり、手軽に施術が受けられます。永続的な効果はありませんが、効果が薄れてきたら再度施術を行うことでバストアップを維持できます。

Copyright (C) 2010 Happy Music School All Rights Reserved.